• SX8B0009

環境保護庁(EPA)は、2019年のコロナウイルス病(COVID-19)を引き起こすウイルスであるSARS-CoV-2と戦うためにLysol消毒スプレーを承認しました。

環境保護庁(EPA)は、American Journal of Infection Control(AJIC)に発表された研究の結果に基づいて、コロナウイルス病2019(COVID-19)を引き起こすウイルスであるSARS-CoV-2と戦うためのLysol消毒スプレーを承認しました。 )、代理店はプレスリリースで発表しました。

COVID-19の症例数が今年初めに増加したため、複数の消毒剤と消毒剤がウイルスに対する活性を主張しましたが、合法的にその方法で販売できるのはEPA承認製品のみです。今週の承認により、Lysol Disinfectant Spray(EPA Reg No. 777-99)およびLysol Disinfectant Max Cover Mist(EPA Reg No. 777-127)は、硬くて非多孔性の表面で2分間使用すると病原体を不活化することがわかりました。 、EPAテストガイドラインに従って。

AJICのピアレビューされた研究では、SARS-CoV-2に対する複数の製品の有効性が評価され、特にLysolに対して99.9%の有効性が報告されました。

表面消毒は、SARS-CoV-2がさまざまな表面でどれだけ長く生きることができるかが最初は明確ではなかったため、パンデミックの間の研究者にとって重要な焦点でした。現在、米国疾病予防管理センター(CDC)は、次のように説明しています。「ウイルスが付着している表面または物体に触れてから、自分の口、鼻、またはに触れることで、COVID-19に感染する可能性があります。おそらく彼らの目。これがウイルスが広がる主な方法であるとは考えられていませんが、このウイルスがどのように広がるかについてはまだ学んでいます。」

CDCは、機関のリストNにあるEPA登録消毒剤を使用した徹底的な消毒を推奨しています。

「COVID-19などのウイルス性呼吸器病原体の感染は、EPAのリストNに含まれている製造元の指示に従って、EPAに登録された消毒剤を表面および手指を含む良好な個人衛生に徹底的かつ完全に適用することにより、最小限に抑えることができます。衛生、顔との接触を最小限に抑える、呼吸器の衛生/咳のエチケット」と、William A. Rutala、PhD、MPH、CIC、およびDavid J. Weber、MD、MPHは、InfectionControlToday®の記事に書いています。


投稿時間:2020年6月3日