• SX8B0009

個人用保護具だけでなく、重要な感染防止リソースと人員配置の観点からも、SNFにさらに多くのリソースを注入することが切実に求められています。

米国でSARS-CoV-2 / COVID-19のパンデミックが始まって以来、特定の患者集団の脆弱性が広く知られています。早い段階で、熟練した看護施設やその他の介護施設は、ウイルス感染の伝播の傾向を示し始めました。

限られた感染予防リソースから脆弱な患者集団、そしてしばしばスタッフが薄く伸びるまで、これらの環境は病気が定着する見込みを示しました。これが弱点になることはわかっていましたが、本当に感染したのは何人ですか?発生の初期には、テストは症状のある人に対してのみ行われていましたが、リソースが増えるにつれて、テストの可用性も高まりました。疾病管理予防センターの罹患率と死亡率の週報(MMWR)による新しい研究では、今年の3月から5月までのデトロイト熟練看護施設(SNF)におけるCOVID-19の有病率が評価されました。

症状に関係なくすべてのスタッフと居住者をテストしたポイント有病率調査を利用して、彼らは26のデトロイトのSNFにわたって非常に心配な統計を見つけました。テストは、優先順位に基づいて複数の施設で行われ、市の保健部門と協力して実施されました。さらに、研究者はオンサイト感染予防評価と協議を行いました。「2回目の調査に参加した12の施設に対して2つのフォローアップIPC評価が実施され、施設のフロアプラン、個人用保護具の供給と使用、手指を使用したコホーティング慣行の調査が含まれました。衛生慣行、人員削減計画、およびその他のIPC活動。」

地元の保健部門は、肯定的な結果、症状の状態、入院、および死亡者に関する情報の収集を支援しました。最終的に、研究者たちは3月7日から5月8日まで、2,773人のデトロイトSNF居住者の44%がSARS-CoV-2 / COVID-19に陽性であることがわかった。これらの陽性居住者の年齢の中央値は72歳で、37%が最終的に入院を必要としました。残念ながら、陽性と判定された人の24%が死亡しました。著者らは、「症状を報告した566人のCOVID-19患者のうち、症状を報告しなかった461人の患者のうち25人(5%)と比較して、227人(40%)が検査から21日以内に死亡した。症状の状態が不明な180人の患者で35人(19%)が死亡した。」

2番目のポイント有病率調査に参加した12の施設のうち、8つは調査前に専用エリアで陽性患者のコホートを実施していました。ほとんどの施設の人口調査は約80人で、2回目の調査で検査された患者のうち、18%が陽性の結果を示し、陽性であるとは知られていない。著者が指摘しているように、この研究は、この患者集団の脆弱性と高い発病率を指摘しています。これらの26のSNF全体で、全体の発病率は44%であり、COVID-19に関連する入院率は37%でした。これらの数字は驚くべきものであり、早期発見、感染予防の取り組み、コホーティング、および地域の公衆衛生部門との協力の継続的な必要性を示しています。個人用保護具だけでなく、重要な感染防止リソースと人員配置の観点からも、SNFにさらに多くのリソースを注入することが切実に求められています。これらは脆弱な環境であるため、パンデミックの期間中だけでなく、その後も継続的なサポートが必要になります。


投稿時間:2020年6月3日